MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ ROCKSTONE > タクミカンファニチャー > タクミカンファニチャー チェア「202」ご紹介

タクミカンファニチャー チェア「202」ご紹介

飛騨高山の流線美家具「タクミカンファニチャー」が入荷してから、
多くのお客様に実際にお試しいただきました。

座り心地が大変ご好評です!
老若男女問わずに快適に座ることができるとさらに確信するところです。
他には無い上質なデザインとゆとりの座り心地は、
これまでにはありそうでなかった存在です。

本日ご紹介するのは『202』
エレガントな背のラインが美しいチェアです。

kusakabe_06_m.jpg

【肘無】W50×D54.5×H87×SH43
【肘有】W59×D54.5×H87×SH43×AH64

材質:ウォールナット材/レッドオーク材
張地:布/合成皮革/人工スエード/本革

背もたれの中央に流れる様に2本のライン。
デザインのアクセントとしても際立ち、
エレガントさとラグジュアリー感を漂わせます。

“抜け感”のある後姿は空間に見事に溶け込み、
ハイバックチェアでも圧迫感を一切感じさせません。
そんな後姿は絵になるほど美しく、どこかクラシックであり、モダンである
優美な佇まいになっています。

その優雅さはチェア全体の反りにあります。

3F_restaurant_09_m.jpg背から脚に掛けて反ったデザインになっています。
タクミカンファニチャーの全モデルに言えることですが、
この曲線がさり気なくデザインもポイントになっています。

見栄えの美しさは勿論ですが、
この反りが背当たり感の良さを生んでいるのです。

人の身体に馴染む背当たり感は、快適な座り心地に必要不可欠です。

3F_restaurant_04_m.jpgお部屋に置くと、このチェアのデザイン力の高さをより実感頂けることでしょう。
空間の格を上げる、どっしりとした高級感をお楽しみください。

「飛騨高山の流線美家具/タクミカンファニチャー」ブランドサイト
3_4.jpg

関連エントリー