MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ 幕傳 十二代目 今思うこと > 幕傳 十二代目 今おもうこと ② 「永く使っていただける家具」

幕傳 十二代目 今おもうこと ② 「永く使っていただける家具」

先日はたくさんの方々にブログ読んでいただき感謝しています。

DSC07501.JPG

家具購入に対しての疑問点、アドバイスなど、また家具ご使用後の疑問点など
いつでもご連絡いただければ私なりにお答えさせていただきますので
お気軽にお問い合わせください。
info@makuden.jp

私なりの解釈ではありますが、皆さん「家具」の言葉の意味ご存知ですか?

「家具」とは、「家」の「道具」を略して『家具』

なんとなく『家具』と呼ばず、「家の道具」といつも読んだ方が
生活に必ず必要であり、今まで「家具」に感じてた思いが深く感じるのではないでしょうか?

私だけでしょうか?
このような生活に大切な道具を販売していながら、反省しなければいけない事が私自身たくさんあります。

私の想いは、家を建て、何十年後に壊しても、建てた時の家具は残っていてほしい。
仏壇、壺、掛け軸、着物など残っているもの多いが家具は聞いた事がない。
とても残念です。

永く使っていただける家具の条件は、
1:品質が良い
2:家の空間にあっているデザイン
につきると思いますが
そのような家具は価格が高い。
しかし、永く使っていただける家具は、
お客様の求められる価格に、品質・デザインのバランスが合わない。
価格が合わないからお客様の求めている価格の家具を販売しご購入いただきましたが
永く使える家具の品質からは劣ってしまっているために
数年で不具合が起こる商品もあり、ご迷惑をおかけする事もありました。

修理して直して使っていただきたいと思っていましたが
安く作って安く販売した商品は修理代が高く感じられ、
新しい物を買おうかな〜?とおっしゃられ、直す方がみえません。
このような場合、お客様は幕傳では二度とご購入されません。

ご縁で大切な貯金からご購入されたのに
このような事が今後幕傳ではおこらないように、
職人さん、デザイナーなどとコミュニケーションを日々深め、
お客様のより良い暮らしのために努力していきます。

皆さんにお願いしたいことがあります。
衣食住における買い物で住の買い物、家具、住まいの買い物は衣食に比べるとかなり頻度が低いです。
品質、デザイン、価格を知るために一つの物を買うのであっても、
たくさんのお店をまわってまわって必ず、
商品に触れて、
説明を聞いて、
疑問点を投げかけて、
自分の求める空間に合ってるか聞いて、
アフターサービスはどうなっているかを聞いてから、慌てずご購入することをお勧めします。
何十年使う家具、そんなに慌てて買わないでください、
失敗して嫌になったら廃棄処分費もかかる時代です。

納得して買った家具は生活を劇的に変えます。
劇的に変わる楽しい生活をイメージしながら楽しんで買ってください。

株式会社 幕傳
代表取締役 吉田憲生

関連エントリー