MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ 幕傳 十二代目 今思うこと > 幕傳 十二代目 今思うこと501「これからの日本の生活・文化のスタンダード考」

幕傳 十二代目 今思うこと501「これからの日本の生活・文化のスタンダード考」

ある議員さんの青森県八戸市での講演

からです。

 

「よりよいものをより安く」、この価

値観は人口が減る以上、何の意味もな

い。

よりよいものに、ふさわしい価値を付

けて売る。

 

これが、これから先の時代のあり方だ。

 

一人一人がその能力をめいっぱい生か

し、そして一人一人を大切にし、充実

した人生を生きる。

そのモデルは、それぞれの地域から作

るしかない。

 

私自身、家具業界で感じていることな

のでとても共感できます。

日本のモノ・こと創りを絶やさないた

めに。

 

我々日本人は50年に1回、新しい国を

作ってきた。

明治維新、廃藩置県、日清、日露戦争。

第1次世界大戦が終わったところで明

治50年、戦争、敗戦、復興。日本が世

界第2の経済大国になったところで明

治100年だ。

今年は明治150年。ともすれば、前の

時代の遺産を食い潰して、次の時代に

ツケを送ろうとしていないだろうか。

「もういいや」っていうあきらめが、

どこかにあるんじゃないだろうか。

いつの時代も、国を変えるのは都では

なく地方だ。いつの時代も、国を変え

るのは権力者ではなく民衆であり、大

衆だ。

 

この青森から、あるいは八戸から、新

しい日本を作る、そういう思いを皆さ

んと共有したい。と仰っています。

 

次の時代にツケを送らない、そして

自分が創る。この言葉を聞いて更に共

感しました。

 

本日7月1日は株式会社 幕傳として新

しい期の始まりです。

 

前期は今までで一番多くの出会いのあ

る感謝感激の年でした。内輪の話しに

もなりますが女性スタッフ2名が無事

出産と明るい話題もありました。

 

今期はもっとお役に立てれるよう創造

し提案していきます。

 

宜しくお願い致します。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連エントリー