MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ 幕傳 十二代目 今思うこと

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 470「幕傳は暮らしをプロデュースする会社です」

いい家具に出会う。

 

そのために私がいます。

 

私は家具をデザインしません。

ましてや創る職人でもありません。

 

しかし誰よりもたくさんのデザインを

見ました。職人さんともお会いしてき

ました。

 

私はこの人達にはかないません。

 

かないませんがこの人達を一番理解し

ているので「想い」を伝えることがで

きます。

その想いいっぱいの商品ととお客様の

心地いい暮らしに欠かせない商品の出

会いを創ることが私であり幕傳であり

ます。

 

暮らし創りをプロデュースさせていた

だきます。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 469「当たり前が大切」

お客様のご意向にそってあげるのは、

当たり前。

お客様の予想を上回ることをするのは

当たり前。

 

なぜならば私たちはお客様からいただ

いたお金で生活しているからです。

 

この当たり前が上手くいかない、邪魔

しているのは誰でもなく自分なのです

忙しい時に横着して手を抜いて後でし

わ寄せがいっぱいきて、全く上手かず

、自分に腹を立てなければいけないの

に他の人に嫌々やっているオーラをだ

して発散ではいけません。

 

このような時こそ、お客様が喜んでい

る顔を思いだしながら、落ち着いて段

取りを確認しながらを続ければ必ず成

長できると信じています。

 

各々の役割を超えなくてもいい。しか

し自分の役割は全うしなければならな

い。

 

ちなみに私はそそっかしいので段取り

間違わないように朝6時過ぎからブロ

グ作ったあとに一日を考えるようにし

ています。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 468「松山千春の凄すぎる郷土愛」

出発するはずの飛行機が、乗る前の保

安検査場の混雑(大渋滞)で乗る人が

たどり着けず乗客が機内で約一時間待

たされることに。

出発時刻から一時間、機内は皆んなピ

リピリ。

 

ここでこの飛行機に乗っていたシンガ

ーソングライターの松山千春さんが突

然客室乗務員用のマイクで乗客に話し

始めた。

 

「もうシートベルトされてから一時間

以上も経つ。いらだつでしょう。むか

つくでしょう。しかし、安全に飛んで

くれることを自分たちは信じています

し、滅多にこんなことはないんです、

皆んな苦労していますから待ちましょ

う。旅は道ずれですから、一緒に旅行

を終えましょう。もう少しお待ちくだ

さい」と語りかけ、

自身の楽曲「大空と大地の中で」を歌

い出した。

 

歌い終わると「皆さんのご旅行が、ま

たこれからの人生が、素晴らしいこと

をお祈りします。もう少しお待ちくだ

さい。ありがとうございました」

 

機内は拍手喝采!

 

この対応!凄すぎる!私は鳥肌が立ち

ました!

 

乗客は「それまでのことは何処かに吹

っ飛んで、旅のエンディングが素晴ら

しいものになった」

「私たち乗客のいらだちを和ませよう

と、大変なはからいをしていただき感

動しました。とても楽しい時間を過ご

させていただきました」

 

感動が凄すぎる!プロ中のプロ!

 

松山千春さんは北海道出身で、こんな

に有名になっても北海道を離れない、

北海道を愛しているからこそが、この

ようなことをおこしたのではないでし

ょうか。

 

私も少しでも近づけるよう励みます。

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 467「志事とは」

昨日は、◯◯保育園が参加する夏祭り

のお手伝いにいってきました。

 

例年どおり4歳児・5歳児の参加です

歌を歌ったり、踊りを披露したり、地

域の人への感謝の場もあり、そしてマ

ジックショーに参加したりの盛り沢山

の1時間半でしたが、いつもながら感

心するのは園児の「あいさつ」が大声

でないボソボソ声でもない声のトーン

が素晴らしい。このトーンは私が保育

園に伺った時にも感じる心地いいトー

ンがそのまま昨日も感じることができ

日々園長先生の大切にしていることを

あらためて感じました。

 

職員さんの準備、会場作り、園児の出

迎え、園児への暑さ対策、感心したの

は園児がお喋りしたり、前を見ずに後

ろばかり振り返っていることがない。

保育士さんの日々の保育が活かされて

います。

夏祭り参加への準備から園での片付け

までの連携プレーは見事なものです。

 

このようなことができるのは、自分の

好きな仕事に出会い、自分の好きな仕

事をすることができるという「幸せ」

からなるものです。この幸せは志でも

あり、志は皆んなを幸せにする「力」

があることを再認識しました。

 

皆さんアマチュアではなくプロです。

どの分野にもアマチュアとプロはいま

すが似ているようで志とレベルはプロ

は違う。プロにはプロが集まる。アマ

チュアにはアマチュアが集まる。差は

歴然なのです。保育士さん達は更にプ

ロを極めて欲しい。

 

この「力」があればいかなる状況でも

乗り越えれる、そして成長できること

をお手伝いしながら学ばせていただい

た1日でした。

 

園児のみなさん、園長先生、職員の皆

さんいつも元気をいただきありがとう

ございます。

 

私も自分の好きな仕事を全うします。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 466「いい住まい」

昨日「家具を決めてから間取りを創る

といいよ。」と弊社のお客様のご友人

がご紹介でお見えになりました。

 

家創りは「家具」から。

 

とてもありがたいお言葉です。

 

弊社をご紹介していただけるだけでも

ありがたいのに、家創りに大切なこと

を理解されており、ご友人になぜ間取

りより先に家具をに決めることが大切

なのかを説明していただいてのご来店

でした。

 

「欲しいデザインの家具が家に入らな

いなんてありえない。」おこってはい

けないことが現実おこっているのです

このようなことがおきないようにする

には家具を選んでから間取りを決める

、そのようにすれば家の中の動線計画

をしっかり創ることが可能なのです。

 

永く住む家、妥協せず一緒に創らせて

いただければ幸いです。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 465「今年の私」

「ご縁」に感謝の年となっています。

 

昨日も新しい出会いがありました。

 

初対面にもかかわらず初めてお会いし

た感が全くなく、とても親身になって

いただけるのでとてもありがたい。

 

出会いは困っている時に、ひょいって

感じに現れ助けてくれる。また充実し

ている時には更に加速させてくれる。

 

今を大切に、皆さんの予想を超える心

地いい暮らし創りに私は励みます。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 464「時代の流れは速い」

携帯電話はガラケーからスマホへ。

電球は白熱からLEDへ。

車はミッション車ではなくオートマ車

が標準に。ガソリン車からハイブリッ

ド・電気自動車へ。

そして自動運転はすぐそこにきていま

す。

ここ20年、ゆっくり進化してきまし

たが、今、腹をくくって挑戦し培っ

た技術をお披露目して、更に他社と

の差別化を加速する時と異業種から

感じます。

 

しかし、家具による暮らしはさほど

変わっていません。とても残念でた

まりません。

 

私は心地よく暮らしていただきたい。

この心地よいヒントがショールームに

は満載です。

 

まだまだ暑い日続きますがご来店お待

ちしています。

水分補給忘れずに。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 463「私のお盆」

皆さん、お盆はどのようにお過ごしで

しょうか。

 

私は例年通り仕事をしていますが、御

墓参りに行ったり、仏壇の前に盆提灯

をだしたりはしています。

 

仏壇は毎日朝晩とお参りしていますが

盆提灯の灯りを感じながらのお参りは

いつもと違う感じがして先祖が帰って

来ている、また気持ちよく帰っていた

だけるよう、そしてこれからも先祖に

守っていただけるありがたさを再認識

する時でもあります。

 

私は先祖の生きた時代より恵まれてい

ます。

 

今日も感謝しながら皆さんの幸せのた

めに励みます。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 462「椅子一脚で空間は変わります」

いい家具と巡り逢えるといいですね。

リフォームしなくても椅子一脚替える

だけで空間は様変わりします。

 

このような想いの私に変えてくれたの

は一人のデザイナーとの出会いからで

す。

 

デザイン哲楽(てつがく・哲学)は変

わりませんが、年と共にデザインに変

化があります。

 

若い頃は、突っ走っているデザイン。

ある時には今まで嫌いだった温もりを

感じるデザイン。

 

この生まれた時代が違う、全く違う素

材のデザインを並べると、一見似つか

わしく見えますが時間が経つととても

いい感じなのです。

 

皆さんは椅子一脚で空間は変わらない

と最初は仰りますが、いいデザインに

は「力」があるのです。

 

したがって、空間は椅子一脚で成立つ

のです。

 

椅子から住まい創りを考えられてはい

かがでしょうか。

 

お客様とゆっくりお話しながら何がベ

ストかを一緒に考えさせていただきま

す。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 461「みんなで毎日楽しく過ごすために大切なこと」

暇な時は忙しくなって欲しい。

忙しい時は暇になって欲しい。

 

こんなことを思ったことありませんか

これは全て自分の都合からなるもので

す。

私たちは誰からお金をいただき生活し

ているのかを考えれば思ってはいけな

いことです。

 

「お客様の笑顔のために」がモットー

ではないでしょうか。

 

この笑顔が私たちの働く源でもありま

す。

暇な時は忙しい時に出来なかったこと

をする、忙しい時にどう対応し、さら

にそれ以上の役割をこなすことができ

るか考えておく。

 

非常に簡単なようでこれができていな

いと思います。

 

そして今日するべきことは明日に持ち

越さない。

明日はなにがおこるかわからないと思

えばできる。

私はそのように思います。

 

今日も役割以上のことをします。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生