MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ 宮崎椅子製作所

DSC_7940

納入事例~お気に入りの家具~

名古屋市内の戸建てへの納品。

DSC_7936

今までは布張りのベーシックなソファをお使いだったS様。

お使いのソファが傷んできたのとボリュームがあるのですっきりさせたいとのご要望。

「今回は木の雰囲気がいいかな」ということで選ばれたのが「ローズマリーソファD」

DSC_7931

木枠フレームなので横から見た感じもすごくすっきりと見えます。

ソファのフレームに合わせてウォールナット材のサイドテーブルもご購入いただきました。

DSC_7949

ソファに座りながらテーブルの上に置いた飲み物にも手が届くので、とても便利なアイテムです。

同時にダイニングチェアもお買い替えいただきました。

お二人でお住まいのS様ご夫婦は、それぞれお気に入りの椅子をセレクト。

DSC_7922

奥様は「pepe」

DSC_7927

ご主人は「NO.42」

それぞれのマイチェアで楽しい食事の時間をすごしていただけたらと思います。

DSC_1329

納入事例〜モダンな美しいダイニング〜

ご新築に合わせてダイニングをお届けしたお客様の納入事例。
ご要望として、ソファを中心としたダイニング選びという条件がありました。

ソファとしっかり馴染み調和できるダイニングをということでお選びいただいたのがこちら。

DSC_1329
どちらも丸いフォルムの優しい雰囲気のデザイン。
ソファは、丸みがありそれと合わせてダイニングも丸く。
またソファの色味はオレンジやグリーンなど、アクセントになる色味をふんだんに使われていたことから
あえて、ダイニングは落ち着いた色味で合わせました。

しっかりとソファの存在感を演出しながらも、ダイニングとしても普通ではなく少し変わった味のある空間となりました。

DSC_1328

ウォルナット ダイニング 天然木 高山

納入事例~ウォルナット×ダイニング・まとめ~

過去にお届けしたお客様の中からウォルナット材のダイニングをピックアップしまとめました。
同じウォルナット材でもデザインや生地によって全く異なる雰囲気に仕上がっています。
それぞれ、異なる空間を見て是非参考にしてください。

 

■和モダンスタイル

ウォルナット ダイニング 天然木 匠館

明るい床に建具・キッチン関係はこげ茶色の和モダンな空間に合わせたウォルナットのダイニング。
マクデン人気NO,1のダイニング。理由は、椅子の座り心地と豊富なカラーバリエーション。
幅広のチェアが座り手を選ばず、必ずフィットしてくれる座り心地。
木部は11色から、座面は1,000種類以上のファブリックや革からセレクトできる。
こちらのお客様は、ダークになり過ぎないよう色気のある薄いピンクとボルドーの布にしました。

 

■ナチュラルスタイル

ウォルナット ダイニング 天然木 ウッドワークス 高山

明るい床に、壁も内装全てがナチュラルな空間に合わせたウォルナットとオークのツートン仕様のダイニング。
全てをナチュラルに揃えず、アクセントにウォルナットをいれることで空間にメリハリをつけました。
天然木の柔らかな雰囲気が温かさを伝える、優しいダイニング空間です。

 

■シンプルモダンスタイル

ウォルナット ダイニング 天然木 キタニ マリリン

床は茶色、壁はグレーとナチュラルな腰壁、建具はこげ茶の空間に華奢なデザインのウォルナット材のダイニング。
テーブルも椅子も通常より低めになっており、日本の住空間に合うよう意識されつつ、デザインは丸みを帯びた北欧らしいスタイルのダイニングセット。
ウォルナットで仕上げることで北欧スタイルから少し離れ、かっこよく仕上がり、ファブリックは木部を邪魔せぬよう白でシンプルさを表現したダイニング空間です。

 

■モダンスタイル

ウォルナット ダイニング 天然木

ウォルナットの床・建具に、キッチンや柱がグレーのモダンン空間にウォルナットと黒革のダイニング。
ソファチェアは置くだけで重厚感が増し、さらに黒革にしたことで高級感も増しました。
広々とした空間にはそれなりのボリューム感が必要。ソファチェアというセレクトはこの空間にマッチしています。

 

■北欧スタイル

ウォルナット ダイニング 天然木 宮崎椅子製作所

赤茶色の床やキッチンに、収納がグレーのアクセントになった空間に丸みのあるダイニング。
床と統一した色にはせず、あえてウォルナットのダイニングにしたことで、奥のグレーの収納がよりひき立ちます。
ファブリックはアクセントに色を入れました。グレーや赤茶色、白でまとまっていた空間が華やかになりました。
北欧カラーをセレクトすることで、飽きのこない落ち着いた北欧ダイニングが完成です。

 

DSC_1687 - コピー

納入事例~パーソナルチェア・一人掛けソファ~

家具の中でも購入するにあたって優先順位と言うものがお客様の中に存在します。
「今、絶対に必要な家具=必需品」と「なくても暮らせるけどあると良い=奢侈品(必需品でない)」
今日は後者の奢侈品としてご意見の多い、パーソナルチェアをご紹介したいと思います。

そもそもパーソナルチェアって?

dsc_3718

ゆったりと座れる一人掛けのソファのことです。
家族全員で座れるサイズの大きいソファではなく、そのソファ前に置いたり、寝室に置いたりするパーソナルチェア。
読書をしたり、映画や音楽鑑賞、独占してくつろげるという贅沢な時間を味わうための家具だから、奢侈品。

しかし、上記の活用方法だけでなくインテリアとして空間のバランスをとったり、置くだけで様になったりと他のメリットも様々。
ワンランク上のコーディネートになること間違いなし!

…ということで、過去お届けしたパーソナルチェアの事例をご紹介していきます。
ワンランク上のコーディネートを是非お楽しみくださいませ。

 

■モダンかつ高級感のあるリビング空間に。

DSC_1687 - コピー

■同一トーンで仕上がったリビング空間にアクセントとなるようなパーソナルチェアで上質なリビング空間に。

dsc_2496

■シンプルに北欧スタイルのPOPなリビング空間に。

DSC_3049 - コピー

■ベッドサイドに寛げるスペースを設けたリッチな寝室に。

キタニ マリリン ソファ オットマン

ぜひ、皆様も贅沢品のパーソナルチェアをお部屋に配置してみませんか?

宮崎椅子製作所 高山ウッドワークス ダイニングテーブル 椅子

納入事例~自然素材のダイニング空間~

戸建てを新築されたお客様の所へお届けしたダイニングのご紹介。

宮崎椅子製作所 高山ウッドワークス ダイニングテーブル 椅子

温かな自然光が入り込む優しいダイニング空間には、自然素材のダイニングセットをセレクト。
角脚のテーブルと曲線の美しい椅子を2脚ずつレイアウトしました。
床の明るさと調和するよう、テーブルの脚と2脚の椅子のメインの色は明るめの天然木で。
空間全体を少し引き締めるよう、テーブルの天板ともう2脚の椅子は暗めの天然木で合わせました。

またテーブルはゆったりできるようにと幅を180cmにし、広々とした4人掛けのダイニングにしました。

 

宮崎椅子製作所 高山ウッドワークス ダイニングテーブル 椅子

リビングとダイニングの間仕切りデスクにもダイニングとお揃いの椅子をセットし
気分によって、ダイニングを4脚揃えて置いてもよし、今のように2脚ずつ変えてもよし…いろいろ楽しめそうです。

自然素材をふんだんに使った木の温もり溢れる空間になりました。

高山ウッドワークス ダイニング 宮崎椅子製作所 メニュー チェア

納入事例~天然木の和モダンなダイニング~

ダイニングセットのお届けをしたお客様のご紹介です。

お客様のこだわりは…天然木は好きだけど、ナチュラルな雰囲気にはしたくない」ということ。
そこで完成したのがこちらです。

高山ウッドワークス ダイニング 宮崎椅子製作所 メニュー チェア

お届けしたテーブルやチェアは全て天然木。
お好きな天然木をふんだんに使用しつつ、ナチュラルな雰囲気ではなくシックでモダンな空間に仕上げました。

 

ナチュラルではなく、和モダンな空間に仕上がったポイントは…?

・角脚の重厚感のあるシンプルなテーブルをセレクトし、

・極限まで細いフォルムを追求したテーブル同様のシンプルなチェアを合わせ、

・チェアの張地を高級感のある黒革にし、

・天然木の材種をウォルナット材で統一した。

ということです。
また全体的にコーディネートのバランスが整った見た目にするには、

テーブルの脚のボリューム感から、椅子は同じように太めの角脚で揃えると重くなりすぎてしまうため
出来るだけ軽快さのです細めの椅子を合わせることも重要なのです。

 

もちろん、見た目だけでなく椅子は驚くほどの軽量さで、女性が片手で軽々持ち上げられるためお掃除も楽にできます。
さらに、椅子は華奢なフォルムでありながら高い耐久性と、座面は長時間座っても疲れにくいよう座り心地の良さも兼ね備えています。

デザインバランスも然り、機能面でも充実した素敵なダイニングとなりました。

高山ウッドワークス ダイニング 宮崎椅子製作所 メニュー チェア

木枠 ソファ 宮崎椅子製作所 ペーパーナイフ

納入事例~木枠ソファ・まとめ~

本日のブログはタイトル通り、以前お届けしたお客様の中から
木枠タイプのソファを納めた写真を抜粋してご紹介します。

様々なスタイル、テイストの木枠ソファが出てきます。
木枠ソファをご検討中の方、ぜひ参考にしてください。

 

①背の格子が美しい革張りの和モダンソファ

木枠 ソファ 高山 革木枠 ソファ 高山 革高級感と重厚感を兼ね備えたソファ。
重厚感はあっても圧迫感はなく、その背の高さはあえて低めに設定されている。
背まで美しいソファは、空間の中央にレイアウトすることがポイントです。

 

②軽快さのあるシンプルな木枠ソファ

木枠 ソファ 高山華やかPOPな空間には、ファブリックのソファが似合います。
エレガントさを残しつつPOPでも上質な雰囲気にまとまります。

 

③革張りでもカジュアルなスタイルの木枠ソファ

木枠 ソファ 革
高級感よりもカジュアルさが目を惹く革張りのソファ。
ソファ自体のボリューム感がないため、1Pと2Pそれぞれをレイアウトしました。

 

④北欧な木枠ソファ

木枠 ソファ 宮崎椅子製作所 ペーパーナイフ

木枠のラインが細く丸い軽やかなソファ。
北欧空間にスッキリまとまるシンプルなデザインのソファです。

 

⑤番外編

木枠 ソファ

木枠といっても1人掛けのソファ。
ボリュームのあるソファ前にレイアウトすると美しいソファです。

DSC_4060

納入事例~会話が弾むダイニング~

東海市の一戸建てへの納品。

DSC_4060

円卓に合わせる椅子をお探しだったM様。

建物と同じく自然素材を活かした椅子がお好みでした。

ご夫婦ともに気に入られたのは宮崎椅子製作所の「NO.42」。
もたれると背が動き、傾斜がつくので寛げます。
ダイニングスペースで会話を楽しみながら長く過ごされるM様にはピッタリでした。

DSC_4063

DSC_4064

材質はナラ材にされ、張地はそれぞれお好きなファブリックを選ばれました。

DSC_4057

明るく開放感のある空間に椅子のファブリックがいい感じにアクセントになっています!

 

 

DSC_6787

納入事例~北欧を感じるインテリア~

以前、ご新築時にダイニングセットをお届けしたお客様。

DSC_6787

円形テーブルの優しい雰囲気を気に入られていたため、テーブルは円形に。
幕傳にはいくつか円卓がありますが、シンプルなデザインなのにこだわりを感じるということでこの円卓を選択。
円卓の可愛らしいというよりも角ばった脚と天板の円形状のバランスが絶妙に可愛らしさと格好良さを演出しているこの円卓。

DSC_6778

チェアは、北欧の名作Yチェア。
Yチェアに関しては、見た目だけではなく高さや座り心地なども重視され、結果このYチェアになりました。

照明はルイス ポールセンの「AJロイヤル」
ダイニングの雰囲気をより美しい北欧空間へと格上げしています。

DSC_6789

実は今年、デンマークと国交150年を迎える日本。
それにちなみ、今回は国産のテーブルと北欧のチェアのコラボレーション事例をお届けしました。

幕傳では、国交150年を記念しイベントも開催中!
こちらをチェックしてください!

日本×デンマーク 国交150年イベント情報

明るい床に合う家具 ダイニング

納入事例~明るい床に合う家具は?ダイニング編~

ダイニングをお届けしたお客様のまとめ。
今回は明るい床(空間)にどのようなダイニングをどのような色で入れているのか。
そこに注目していくつか事例をご紹介したいと思います。

明るい床に何を合わせるか迷っている方は、是非参考にしてください。

 

明るい床に合う家具 ダイニング
壁も白、カーテンもベージュと爽やかな印象の住空間。
床の色よりも少し赤みがかった濃い目の木部と、ブルーとピンクの布座面。
気持ち濃い目を入れてあげることによって、床と家具のメリハリが付きます。
アクセントが無い空間に、明るめの色を入れてあげることによって、どこか可愛らしく気の利いた空間になりました。

 

 

DSC_3133
壁は白、建具はキッチンや床と同じ明るめの木材に、
柱やスケルトン階段がくすんだネイビーで空間のアクセントになっています。
そんな空間に合わせたのは、天然木のみで仕上がったチェア。
椅子は床の色に同調するように、明るいオーク材の脚元と背。
ネイビーに負けない存在感とアクセントをもたらす、ウォルナット材を組み合わせることで
シャープな和モダン空間が仕上がりました。

 

 

明るい床に合う家具 ダイニング
壁は白、床は明るい木目調、カーテンとラグで華やかさを出したPOPな住空間。
床と同じような色目の木部とラグに使われている同系色の色味を活用した座面。
ファブリック(布)でアクセントを全面的に主張させている空間には、木材は床と同調する色味で馴染ませ、
カラフルなラグに同じく同調するように座面の色味をセレクトすることで、
カラーの効いた明るいカントリー空間が仕上がりました。

 

 

明るい床に合う家具 ダイニング
壁は白、木目の荒い表情豊かな明るめの床に、建具やキッチンの面材・カーテンはダーク色でシックな住空間。
ダークな色味と同じく木部はウォルナット材、座面は少し明るめのグレートーンでまとめました。
家具も落ち着いた色合いにすることで、シックな住空間を際立たせています。

 

 

明るい床に合う家具 ダイニング
壁は白、天井は生成り色で剥き出しの化粧梁があり、床も節のある特徴的な木材。
アクセントにカーテンで濃い色を持ってきている、和空間。
白さが印象的な明るい空間に、木部は同じく白く化粧のされたオーク材。
座面と背は、白革で本来持つ住空間の印象を損なわず、軽快さのあるデザインのダイニングを合わせました。
角ばった見た目と高級感の漂う革張りでシンプルな和空間が仕上がりました。

1 / 812345...最後 »