MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ

038_SENTIMENTAL_001

優美高妙な革張りのソファ~ROCKの日~

6/9はROCK(ロック)の日。
日本生まれ日本育ちの家具ブランド「ROCKSTONE」
そのROCKにかけて、幕傳では6/9をロックストーンの日と定めています。

そんな記念すべき日にふさわしい
「優美高妙なソファ」をブログに取り上げたいと思います。

その名も「sentimental-センチメンタル」

 

その名前からは想像がつかないほど優美なデザインですが

実はとても繊細な子なのです。

dsc02340

背と座ともにあるくぼみは、ボタンで留めてあるため。
そのボタンは一つ一つ丁寧に人の手で縫っていかれます。

そして創り出されるのが、なんとも繊細で美しいsentimentalなのです。

その繊細さが表現するのは、
エレガント・クラシカル・モダン…
様々なテイストに合わせ存在感を出し、場に馴染む。

それがsentimentalの魅力です。

039_SENTIMENTAL_001

少しでも魅力的に感じてくださった方
是非座り心地はお店でお試しください。

sentimentalが皆様をお待ちしております。

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 404「今日はロックストーンの日」

今日は6月9日「ロックストーン」の

日。

 

今から36年前、代官山を拠点として

いたデザイナー岩倉榮利が、当時モ

ードファッションの最先端「渋谷パ

ルコ」のブランド館「パルコパート

III」立ち上げの空間ディレクション

をおこなっていたことがきっかけで

、そこにテナントとして自らのショ

ップを持つこととなり、オリジナル

ファニチャーブランドショップとし

て誕生したのが「ROCK STONE」

です。

パルコに、インテリアショップが入

りファッション・家具業界ではかな

り話題になりました。

 

現在、そのロックストーン全シリー

ズが見れるのは弊社しかありません

。日本のど真ん中、名古屋 !。

名古屋駅からも近いのでお客様は東

京・大阪からもワクワクしながら見

に来られます。

 

36年の時を経ても変わらない良さ

をもつデザイン。デザイナー岩倉榮

利が年齢と共に感じてきたデザイン

を展示しています。

 

日本の暮らしは洋風になってきまし

たが、洋家具ではありながらどこと

なく日本人らしさ感じたい方にはと

ても満足していただけています。

 

ゆっくり、これからの暮らしの家具

をお探しください。

 

お待ち申し上げます。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

高山ウッドワークス ダイニング

納入事例~高さの低いダイニングでゆったりと食事をする~

リビングだけでなく、ダイニングも寛げるスペースとして使いたい。
そんなご意見を少なからず伺います。

あまり意識していない方が多いと思いますが、応接間という概念が薄れている昨今、
来客時ダイニングへと客人を通すご家庭が増えています。
そんな時、長時間ダイニングで過ごすとなれば寛げるダイニングというスタイルもあって良いのではないでしょうか。

人を招く空間だけでなく、寛げるダイニング空間では活用方法は様々。
ゆったりとお酒を嗜みたい、食事という家族の集まる時間を長くとりたい等
そんな生活ができたら良いな…と思われる方は、是非参考にしてください。

今日は、寛げるダイニング空間という事で過去のお客様のお届け事例をご紹介します。

 

①天然木の豊かな風合いが癒しのダイニング

高山ウッドワークス ダイニング

家具の産地として名高い飛騨高山うまれの寛ぎのダイニング。
和の要素と共に、洗練されたデザインが重厚感よりも軽快さを表現し、天然木の美しさをより引き立てています。
幅広の座面が長時間くつろぐためのポイントです。

 

②ソファダイニングで贅沢に過ごすダイニング

city ダイニング ソファダイニング

ソファダイニングをお求めのお客様もいらっしゃいますが、1人掛けのソファチェアをダイニングに合わせました。
その姿から、このダイニングはまさにくつろぐダイニング。
時にはリビング側に持って行き、本当の1人掛けのソファとしても活用できるそんなスタイルのダイニングです。

 

③まるで応接ダイニング、高級感あふれる空間に。

楽風庵 ダイニング 漆 テーブル 革

革で編まれた高級感あふれるチェア。幅広かつ低めのチェアの為、本来の応接空間に置かれているソファのような感覚でお使いいただけます。
モダンなその組み合わせは、寛ぎと共にワンランク上の時間が過ごせます。

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと403「感動する椅子」

一脚の「椅子」でお部屋の空間は今ま

でと全く異なる、よりよい空間に変わ

ります。

 

皆さんは、このような感動を味わった

ことがありますか。

 

私はあります。

 

私はこのようなことを「ロックストー

ン」マジックと呼んでいます。

日本の住まいに似合う、日本人の体型

に合う、日本人の使い方、くつろぎ方

に合う。

 

このようなことばかり50年・半世紀

考えられてきた様々な商品が並んでい

ます。

 

見応え満載です!

 

支持されている理由の一つに売れ続け

ているので「廃番がない!」

これは、いつの時代においても新鮮に

見えるからです。

私はこれこそが「本物」のデザインと

思っています。

 

いつの時代も「愛され続けられている

ロックストーン」をご覧ください。

 

お待ち申し上げます。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

 

 

ベッドルーム 飾り棚

納入事例~あると便利なオシャレ収納家具~

マクデンでも以前から圧倒的な人気を誇る組合せ収納家具。
近年は住空間にすでに収納部屋として設けられていることが多く、活躍の場が少なくなった収納家具たちですが…

暮らしていると「あれ?細々した物を収納できるスペースがない!」なんてことも多々。
他にも様々な収納についての悩みを聞くことがあります。
暮らしてみないとわからないこともたくさんあるのが現実ですよね。

そこで活躍するのが、邪魔にならないコンパクトな壁掛け収納。
壁掛けというと、壁に下地が無いと打ち込めないのが本来なのですが…今日ご紹介する壁掛け収納は
「下地が無くても打ち込めて、しかも20㎏まで耐えられる」そんな収納家具です。
今日はその収納のお届けした事例をご紹介します。

①キッチン横にあると便利な調味料棚キッチン 収納 調味料入れ
調味料は取り出しやすく、見やすく、わかりやすい位置に欲しかった!
そんなご意見も多く、キッチンサイドに調味料棚を後付する方が続出。

 

②デスク横に趣味の飾り棚

収納 ベッド デスク

ミニカー集めが趣味、ブリキのおもちゃを集めているなど…趣味の飾り棚はあると嬉しいもの。
そんなご要望も伺うことが多々。ガラスの扉とガラスの棚板で美しく見せられます。

 

③ウォークインクローゼットの中に、あると何かと便利な仕切り棚つき収納

ウォークインクローゼット 収納 ネクタイ入れ

ネクタイ、ハンカチなど見えるところに柄がわかるように置けると便利ですよね。
そんなご要望から生まれたネクタイ棚です。

 

④寂しい壁をオシャレに見せられる飾り棚。

ベッドルーム 飾り棚

嫌みのない大きさで、飾るモノは特に決まっていないけど、何か飾りたい。
そんな方に人気です。

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 402「私」

気がつくと私のまわりには成功するま

でやり続ける人ばかり、みんな道は違

いますがひたすら我が道をいっていま

す。

共通していることは、揺るぎない信念

からくる「覚悟」を私は感じます。

 

今もっとも大切なこと「覚悟」をもっ

て私にしかできない家具道を歩んでい

きます。

 

とてもわくわくしています。

ご期待ください。

 

今日は遠方の現場です。たくさんの幸

せを届けてきます。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

納入事例~自分好みのテレビボード~

名古屋市千種区へテレビボードのお届け。

新築時から気に入っていただいていたこちらのテレビボード。

DSC_8953

当時はダイニングセットの購入を優先され、テレビボードは今まで使っていたモノを使われていました。

それでも、ずっと気になっていたとの事で今回ご購入いただきました。

DSC02951

テレビボードの設置スペースに合わせ、サイズと形をオーダーされ納品させていただいたのがこの形。

DSC02960

DSC02955

真ん中は引き出しにされ収納を確保。
左右は機器類が入れられるように格子扉にされました。

使い方や収納したいものに合わせて自分好みの形にできるオリジナルテレビボードの納品事例です。

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 401「感激していただきました」

お客様から「ロックストーン」ショー

ルームがこんなに近くにあるなんて感

激!

名古屋に住んでいて良かった!とあり

がたいお言葉をいただきました。

 

お客様は能登和倉温泉 加賀屋別邸「

松の碧」にいかれエントランスから、

お食事処、お部屋などすべてにおいて

家具が素敵な空間を創っていると感激

され、新居の家具を当初お使いの海外

ブランド家具で揃えるのではなく、こ

の家具で揃えたい!と旅館で聞かれご

来店いただきました。

 

「松の碧」は「ロックストーン」の家

具なのです。「松の碧」ホームページ

をご覧になってください。とても美し

い家具ばかりです。

 

この「ロックストーン」ブランド全11

シリーズを日本で唯一、5階建てショ

ールーム・全フロアーに展示していま

す。

日本で生まれ、日本で育った「ロック

ストーン」を満喫してください。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

 

DSC_2534

納入事例 ~暮らしにアートを~

幕傳では、インテリアにアート飾る楽しみを知って欲しいという思いから、
「水墨画」「陶器」「盆栽」を店内でご紹介しています。
いずれも日本伝統の芸術性を活かしながら、現代風に仕上げたものばかりです。

DSC00877DSC00740

アートは奥の深い世界だからと躊躇せずに、
ご自分の直感で気に入ったものをインテリアに取り入れてみて下さい。
きっとその部屋を、その場所を好きになるはずです。

 

本日は実際に納品させていただいた空間をご紹介します。

アートを飾るのに人気の場所が「玄関」。
お客様を最初にお出迎えする場所なので、すてきな空間にしたいですよね。

DSC_0894

ご新築を機に家具を探しにいらした時に、青柳美扇の水墨画も気に入ってくださいました。
ちょうど玄関に飾る絵もお探しだったようです。

玄関の雰囲気にとてもよくお似合いです。

 

オフィスの休憩コーナーにも青柳美扇のアートは納品させていただいています。

DSC_2534

お選びいただいた家具はイタリア製のチェアを中心としたモダンなものです。
モダンデザインにも合う青柳美扇を並べて飾っています。

まっさらな白い壁だけでなく、アートが加わることで華やかさが出ました!

DSC_2552

インパクトのあるアートも納品させていただきました。
このアートは「竹取物語」をテーマとしています。
水墨で竹林を表現した、和とモダンが美しく融合した作品ですね。

 

当然ではありますが、アートはすべて一点ものです。
その出会いが楽しいものですね。
真っ白な壁が空いたままになっている方、アートを飾ってみませんか?
あるとないでは印象は大きく変わります。

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 400「日本の木工文化の今とこれから」

昨日「日本の木工文化を世界へ」

のトーク&ディスカッションを聴いて

きました。

 

このタイトルから皆さんはどのように

イメージされますか。

大半の方は、素晴らしい日本の匠の技

が世界へいって当たり前と思われると

思います。実際に世界から日本の匠の

技が認められて展覧会や指導にいって

いますが、世界にいかないと伝える場

がなくなるからです。

 

なぜなら、「日本の家具小売店」は今

売れるモノしか置かなく、桐箪笥・仙

台箪笥といった日本らしい木工家具を

知ろうとせずに今売れる売れないの経

営判断だけで商売をやっているのでど

んどん木工家具は廃れていくので日本

の木工を認めている海外へでていかな

ければ日本の木工が滅びる。

 

これをきいて私は愕然としました。

 

昔と比べて住まいの間取り、暮らし方

は変わりましたが、木工技術は変わり

ません。そして木工家具は時代の変化

により暮らしに役立つよう形を変えて

いるのです。

 

もっともっと木工文化に触れなければ

ならないと感じたディスカッションで

した。

 

弊社はJAPAN BRANDに認定されてい

る新潟県の桐箪笥「KAMO」を常設

展示していますが従来の着物用桐箪笥

ではありません。

今の日本の住まいに合うように変化し

ています。

 

とても美しい木目とともに日本を感じ

ていただければ幸いです。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生