MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ

DSC_8462

納入事例~寛ぎの時間~

江南市の一戸建てにソファのお届け。

DSC_8448

S様が選ばれたのはペーパーナイフソファ。

ペーパーナイフのように美しいラインのアームが特徴です。

DSC_8455

見た目だけでなく絶妙な角度でデザインされている座面が、座り心地の良さを生み出してくれます。

DSC_8471

三人掛けと一人掛けにオットマンを追加されました。

素材はブラックチェリーにされ、張地はボーダー柄のレッドをセレクト。

ペーパーナイフソファに人気のファブリックです。

DSC_8462

ソファで寛ぎながら、音楽と読書を楽しめる素敵な空間が出来ました!

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと503「わくわくしています」

「できっこないをやらなくちゃ」

 

衝撃的、刺激的、久しぶりに鳥肌たち

ました。

ロックバンド・サンボマスターの楽曲

です。

 

私は金曜ドラマ「チア⭐︎ダン」で知り

ました。

 

このドラマは、昨年公開の映画「チア

⭐︎ダン 福井県立福井商業高校のチア

リーダー部「JETS」がチアダンスで

2009年に全米制覇しちゃった本当の話

」の9年後をオリジナルストーリーで

描いています。

 

ドラマでは生徒達の「ありえない夢を

追いかける」精神をそのままに、熱い

成長物語です。

 

この途方もない夢を目指す生徒達をサ

ンボ・マスターは「輝きだして走って

く」「負けないでキミの心 輝いてい

て大丈夫 乗り越えられる」応援ソン

グで後押し。

 

是非ドラマを見てください。

そして音楽を楽しんでください。

勇気づけられますよ。

 

私も皆さんを元気にするべくベストな

提案をしていまきます。

 

まだまだ暑い日続きますが水分補給忘

れずに。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

 

 

_DSC9009_7p_m

INFORMATION【お盆営業日のお知らせ。休まず営業しています!】

いつも幕傳をご利用いただき、誠にありがとございます。

お盆の営業日についてお知らせ致します。
幕傳はお盆期間中も休まず営業しております。
ぜひお気軽にご来店くださいませ。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

 

外観_青み抑え_700

DSC_8936

納入事例~モダンダイニング~

名古屋市名東区のマンションへダイニングセットの納品。

DSC_8933

モダンな家具をお探しだったA様。

天然木ウォールナット材のテーブルの中でもブラックスチール脚との組合せがカッコイイ「RECO」ダイニングテーブル。

DSC_8942

よくあるロの字型の脚ではなく、床面に向かうにつれ少し内に入っている形。

シンプルですが飽きのこないデザインです。

DSC_8936

合わせた椅子は「C-86」

ゆったりとしているのにとても軽い椅子です。

ウォールナット×ブラックでまとめた人気のモダンダイニングです。

 

DSC_8316

納入事例~シックで大人なリビングダイニング~

東海市の戸建てにダイニングセットとソファのお届け。

DSC_8316

ダイニングセットはタクミカンファニチャーシリーズを選ばれました。

チェアはシリーズ一番人気「205」。

DSC_8369

最近さらに人気が高まってきたハーフアームチェア。
座り心地だけでなく、出入りも楽なアーム付きのチェアです。

テーブルは、流れるような面形状が美しい「206」をセレクト。

DSC_8325

明るい無垢の床にウォールナット材のダイニングが大人な雰囲気を醸し出しています。

DSC_8341

リビングにはcityシリーズのソファを合わせました。

DSC_8364

DSC_8386

ダイニングセットとソファは同じデザイナーなのでまとまりがあります。

ウォールナット材とブラックレザーで統一されたシックで大人な空間です。

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと502「災害」

平成最大の豪雨災害。

西日本を中心に襲った記録的な豪雨。

 

私の広島、岡山、京都の仲間にも被害

がありました。

 

広島、岡山の友人は全く災害に対する

知識がなかったと言います。

 

京都の友人は5年前の台風豪雨による

桂川決壊が教訓となり豪雨ではありま

したが整備が進み桂川は耐え大丈夫だ

ったと言います。

 

私の弟は阪神淡路大震災時に芦屋に住

んでいましたが私自身直接このような

経験がありません。

 

「備えあれば憂いなし」

 

このようなことが公私ともに私自身ま

だまだなので1日1にを大切に身を引き

締めていきます。

 

とても残念で、亡くなった方は200人

を超えました。

これ以上増えないことを願います。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

DSC_7765

【毎月14日は椅子の日】贅沢な気持ちになれる椅子

14日(イスの日)にちなんで、おすすめの椅子をご紹介致します。

DSC_5383

高山ウッドワークス「W624」

背と座の角度とバランスが絶妙で身体にフィットしてくれます。

DSC_5389
アームの高さもちょうど良く、座って読書をしたり、
一人の時間を楽しむのに最適です。

 

DSC_5404

飛騨高山伝統の匠の技「千鳥格子組み」の背もたれになっているタイプ「W622」もございます。

 

DSC_5413

ソファを置かずにダイニングで長く過ごす方にLD兼用としても活躍してくれます。

DSC_9136-コピー[1]

贅沢な気持ちになれる寛ぎの一脚です。

_1dx2826

家具紹介 ~サイドテーブル『CITY/C-55 tea table』~

ROCKSTONE『CITY/C-55 tea table』

_1dx2826

■ スタッフのおすすめポイント

絶妙なカラーリングがかわいいサイドテーブルです。
サイズも2つあり、色違いを組み合わせて置くのもおすすめです。

_1dx3288

最近はソファの前に大きなセンターテーブルを置かないお住まいも多いです。
こどもさんが小さいお住まいの場合は特にです。
結局ただの物置場になって、ほとんど活用していないことが多々あります。

必要最低限の、リモコンや携帯電話、飲み物を置けるサイドテーブルを置くことで
ソファ周りもスッキリし、インテリアのアクセントとしても使えます。


■ どんな方におすすめのテーブル?

前述したように、小さいおこさんのいるお住まいにおすすめです。
ソファ前でこどもさんを遊ばせたい時は、片手で持ち運べるほど軽量なので便利です。

シンプルな家具で揃えているお住まいに、
このサイドテーブルを置くことでアクセントカラーとなって、華やかな雰囲気が出ます。
大きな家具でアクセントカラーを選ぶのはなかなか勇気がいるものですが、
サイドテーブルであれば気軽に取り入れられるのもいいですね。

下写真のように、どんなテイストにも馴染みます!

_1DX2780_1DX2710_1DX3505DSC_2353_1DX3136_1DX3318


■ デザインのポイントは?

艶のあるカラフルな天板と無垢材の組合せがかわいいです。
交差しているデザインの脚もきれいです。


■ カラーバリエーションは?

天板/UV塗装(レッド・クールグレー・パープル)
脚部/オーク材・ウォールナット材


■ 詳細サイズはこちら

60size W600/D600/H400
 オーク材     ¥29,484
 ウォールナット材 ¥33,804
45size W450/D450/H550
 オーク材     ¥22,896
 ウォールナット材 ¥27,216
※価格は全て税込み表記


■ 納入事例一覧はこちらからご覧いただけます↓

納入事例 リンクボタン

1

納入事例~便利な組合せ収納~

三重県いなべ市の戸建てにスタジオ収納を納品致しました。

4

現在使っているパソコンデスクと本棚がバラバラなのでスッキリさせたいとの事。

3 (2)

DSCN9397

ご紹介させていただいたのが、10cm刻みでパーツが用意されているスタジオ収納。
オーダー家具ではないですが、好きなように組合せが出来ます。

7

今回は壁側には背の高い本棚を、窓側にはデスクを配置。

カラーはショールームの書斎コーナーと同じカラーをセレクト。

落ち着いたデスクコーナーになりました!

 

 

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと501「これからの日本の生活・文化のスタンダード考」

ある議員さんの青森県八戸市での講演

からです。

 

「よりよいものをより安く」、この価

値観は人口が減る以上、何の意味もな

い。

よりよいものに、ふさわしい価値を付

けて売る。

 

これが、これから先の時代のあり方だ。

 

一人一人がその能力をめいっぱい生か

し、そして一人一人を大切にし、充実

した人生を生きる。

そのモデルは、それぞれの地域から作

るしかない。

 

私自身、家具業界で感じていることな

のでとても共感できます。

日本のモノ・こと創りを絶やさないた

めに。

 

我々日本人は50年に1回、新しい国を

作ってきた。

明治維新、廃藩置県、日清、日露戦争。

第1次世界大戦が終わったところで明

治50年、戦争、敗戦、復興。日本が世

界第2の経済大国になったところで明

治100年だ。

今年は明治150年。ともすれば、前の

時代の遺産を食い潰して、次の時代に

ツケを送ろうとしていないだろうか。

「もういいや」っていうあきらめが、

どこかにあるんじゃないだろうか。

いつの時代も、国を変えるのは都では

なく地方だ。いつの時代も、国を変え

るのは権力者ではなく民衆であり、大

衆だ。

 

この青森から、あるいは八戸から、新

しい日本を作る、そういう思いを皆さ

んと共有したい。と仰っています。

 

次の時代にツケを送らない、そして

自分が創る。この言葉を聞いて更に共

感しました。

 

本日7月1日は株式会社 幕傳として新

しい期の始まりです。

 

前期は今までで一番多くの出会いのあ

る感謝感激の年でした。内輪の話しに

もなりますが女性スタッフ2名が無事

出産と明るい話題もありました。

 

今期はもっとお役に立てれるよう創造

し提案していきます。

 

宜しくお願い致します。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生