MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ ROCKSTONE

DSC_7563編集済み

納入事例~3人掛と1人掛「KIZA sofa 2」~

一般的に木枠ソファと言うと「北欧系」「ナチュラル」「和風」というイメージがあります。
幕傳の人気木枠ソファKIZAソファは「モダンデザイン」です。

サイズバリエーションもあり、
幅286cmのワイドサイズ、
3人掛の210cm、
2.5人掛の176cm、
1人掛けの133cm、
そしてオットマンがあります。

今回は3人掛けと1人掛けソファの組合せを納入させて頂いたお住まいをご紹介致します。

 

ウォールナット材で統一したリビング空間。
統一感のある色合いにホワイトのクッションをアクセントとしてコーディネートです。
色味を抑えることで、大人な落ち着いた空間になりました。

DSC_7583編集済み

3人掛と1人掛ソファのレイアウトは憧れる方がとても多いスタイルです。
一人だけでゆったりくつろげる1人掛けがプラスされるだけで
ワンランク上の上質なリラックス空間になります。

DSC_7547

KIZAソファと同デザイナーの岩倉榮利がデザインしたラウンジチェア「BOWSEN」も
一緒にコーディネートさせて頂きました。

重量感のあるデザインのKIZAソファと、スリムなラインが印象的なBOWSEN、
趣の違うデザインをアクセントで入れたことで、洗練された雰囲気になりました。

DSC_4711[1]

納入事例~3人掛けとオットマン「KIZA sofa 1」~

リビングの中でもソファの存在は大きいものです。
圧迫感なくスッキリとレイアウトしたいというご要望を多く聞かれます。

ゆったりくつろぎたいと言うとL字型ソファをイメージする方も多いですが、
どうしても存在感が多く、場所を取ってしまいます。

そこでオススメしているのが、「3人掛け&オットマン」の組合せです。
写真は人気の木枠ソファROCKSTONEのKIZAソファです。

DSC_4711[1]

L字型はどちらかと言えば「寝る場所」として活躍します。
複数人で座る場合、角はデッドスペースとなってしまいます。

写真のように、3人掛けにオットマンを合わせる組合せであればオットマンにも座れて、
案外L字型よりも多くの人が座ることができます。

DSC_4723[1]

勿論、ご夫婦で座ってふたりでオットマンを足置きとして使うのもおすすめです。

 

下写真のお住まいはワイドサイズの幅286cmのKIZAソファです。
広いリビング空間に、あえてL字型でなく贅沢にストレートタイプのソファにオットマンを合わせています。
広い空間がより広く感じさせるソファコーディネートです。

DSCN4824

とても贅沢な置き方ですね!
幅286cmの大きなソファは滅多にありません。

KIZAソファはデザイン性も高く、木枠でもモダンな雰囲気です。
オットマンはソファとお揃いのデザインなので、合わせて置いて頂くと統一感が出ておすすめです!
KIZAのようにオットマン単品で見てもデザイン性が高いものはなかなかありませんね。

DSC_7585

納入事例~個性的な後姿で魅せる「SB sofa 5」~

昨今はLDの中央にソファをレイアウトすることが大半です。
そうなると気にしたいのが後姿のデザイン性。

デザイン性が個性的で人気なのがSBソファです。

DSC_7902SB ソファ カウチ L型 モダン ベッド ロックストーン

凸凹した背中が他のソファにはない個性があります。
高さ60cmと低めになっており、さらには脚もスッキリしているので、
お部屋の中央に置いても圧迫感がありません。

下写真のように幅の広いソファでもすっきりとお部屋に置いて頂けます。

DSC_7585

個性的な後姿はどこかアートっぽさも感じさせます。
インテリアのアクセントとしても効いています。

DSCN6446

背の高さが低いので、ダイニングからTVを観ても視界を遮りません。
お行儀は良くありませんが、後ろからソファに乗ることもできますね。

P1000030

昨今は、ソファの後姿を気にしてソファを選ばれる方が大変多いです。

見栄えは勿論重要なポイントですが、座り心地と寝心地も人気の所以。
付属のクッションを座る人に合わせて重ねたり、枕にしたり、自分仕様に座り心地をカスタムできます。

145-4536_IMG

見栄え良く、そしてリラックスできる。
理想的なソファです。

DSC_5337

納入事例~パーソナルソファで寛ぎのひととき~

知多郡東浦町の一戸建てへの納品事例。

DSC_5337

GREENシリーズのLDセットをお持ちのH様。

ダイニングが背もたれ付きのベンチということで、ダイニングスペースでも寛ぐことができますが、

GREENシリーズのソファをご覧になられたいとのことで来店いただきました。

店内の木枠フレームソファをいくつかご紹介するなかで、背もたれの高さや座り心地が好みに合う商品がなかなか見つかりませんでした。

DSC_5316

そこでCITYシリーズの一人掛けソファをご紹介した所、大変お気に入りいただけました。

DSC_5323

さらに、別注でお持ちのベンチの革と張地を揃えました。

使い込んだ後の数年後がとても楽しみですね!

 

 

DSC_5016

納入事例~家具から始めるリフォーム・椅子編~

以前、マクデンでダイニングセットをお買い上げいただいていたお客様。
長年使った椅子がだいぶ古くなったため買い替えをご希望され、ご来店いただきました。
とても気に入って使ってくださっており、テーブルはまだ使えるとの事で今回はひとまず椅子のみのご検討でした。

ご要望としては…
・テーブルにあった高さのもので、見た目も違和感のないものが良い。
・来客時、今はリビングの方へ通しているため、今後はダイニングで迎えたい。
・座り心地の良いもので、夫婦共に納得のいく椅子が良い。
ということでした。

マクデンは、椅子の種類が一番豊富にあるため上記ご要望をふまえご提案し、今回お届けした椅子がこちら。
(以前お使いだった椅子と、今回お届けした椅子双方をご紹介します。)

Before

DSC_5008

After

DSC_5016

もちろん高さもバッチリ合っているのは当然ですが、
これから買い替えられていくかもしれないテーブルやリビング関係の家具を想定し、このチェアとなりました。

今までお使いだった椅子とは全くデザインも色も異なる椅子です。

DSC_5024

ハイバックで縦格子のデザインがほっそりと空間を広く見せ、和モダンな雰囲気を醸し出す。
座り心地もハイバックが背をしっかりと受け止め、長時間座っていただく上で、とても心地良いもの。
テーブルと椅子の色を合わせなかったのは、今後も踏まえてのこと。
また、キッチン周りがダーク色なことから、それに合わせたという経緯もあります。
座面の色は、部屋全体の配色からアクセントカラーがなく、そのアクセントとなるようにグレープ色のオシャレな生地でまとめました。

DSC_5027

椅子を替えるだけで、グンと雰囲気が変わりました。
大幅な建物のリフォームではなく、家具を替えるだけという簡単かつお値打ちなリフォーム方法もあるのです。

何かちょっとしたものを変えるだけで、意外に雰囲気はガラッと変わりますよ。
皆さんも家具でリフォームをしてみませんか?

高山ウッドワークス ダイニング 椅子 チェア ソファ オーク材 ウォルナット材

納入事例~明るく優しい雰囲気のナチュラルリビングダイニング~

市内にダイニングとソファのお届け。
今回はお客様からのご要望により、「高山ウッドワークス」の家具でのコーディネートとなりました。

高山ウッドワークス ダイニング 椅子 チェア ソファ オーク材 ウォルナット材

20年以上皆様から愛され続けるブランド。その名についている通り、飛騨高山でつくられています。
天然木が織りなす優しく暖かい雰囲気は他では表現できない心地よい空間です。

ご新築に合わせてリビングダイニングの家具をお探しだったお客様。
家全体を明るい雰囲気にされており、フローリングも明るめ。そして、天井にはアクセントに梁を出されていました。

高山ウッドワークス ダイニング 椅子 チェア ソファ オーク材 ウォルナット材

それに合うようにと、家具も全体的に明るいオーク材で整えています。
実は、椅子の色を最後まで悩まれていたのですが…。
明るい雰囲気にされたいというご要望から全てオーク材で揃えられました。
テーブルももちろん、全てオーク材。
シンプルな中にこだわりも光るこのテーブル。
旦那様に一枚板への憧れがあり、一枚板の特徴でもある耳(樹皮のついていた部分)を再現した天板の形状になっているのです。

高山ウッドワークス ダイニング 椅子 チェア ソファ オーク材 ウォルナット材

シンプルでもこだわっている素敵なダイニングなのです。

更にソファも、こだわりが。

DSCN9536

色々座っていただきましたが、やはり同じウッドワークスのこのソファが座り心地、見た目共に気に入られ、これに決定!
布の色味は、カーテンの色味や、空間全体の明るさを考慮し明るめのグレーではりました。
同系色でまとめるとぼけてしまいがちですが、暗すぎても空間にマッチしないという事から、この色となりました。

これから、新しい生活が始まりますが、お子様と共に成長をこの家具に刻んでいっていただければ幸いです。

DSC_7581

納入事例~ゆったりL字型ソファ「SB sofa 4」~

ソファの上でどう過ごしたいですか?
家族みんなで座りたい、横になって寝たい、ソファで長時間過ごしたい、
そんな方にぴったりなのが、L字型ソファです。

SB ソファ カウチ L型 モダン ベッド ロックストーン

写真のソファはROCKSTONEのSBソファ。
サイズバリエーションが豊富なので、L字型と一言で言っても様々なサイズが可能です。

コンパクトなサイズでは全長幅217cm(肘無ソファW140cm+カウチソファW77cm)
最大のサイズでは全長幅337cm(片肘ソファW215+ワイドカウチソファW122cm)

一般的なL字型ソファは幅230~240cmが多いです。
SBソファは都心のマンションにも、広いゆとりのリビングにも対応可能です。

SBバリエーション

その他にもオットマンを組み合わせたり、
家族構成や生活スタイルに合わせてお選びいただけます。

 

下写真のお住まいは、広いリビング空間に合わせてサイズをお選びいただきました。
SBソファは背の高さが低めになっているので、
幅の広いソファを置いても
お部屋の中で圧迫感が出ません。

DSC_7581

ダイニングからはソファの後姿が見える位置になるので、
後姿がきれいなのも決め手となりました。

DSC_7585

 

付属の共生地のクッションが大きなより華やかさを演出してくれています。
下写真のお住まいは、ダイニングチェアもソファ生地に合わせていらっしゃいます。

P1000021

このゆとりがあれば、大人ふたりは寝ることができます。

SBソファの座面は、マットレスと同じポケットコイルを内蔵しています。
なので、寝心地も大変評判が良いです。

 

下写真2枚のお住まいは、カウチ部分にオットマンを並べています。
つなげてより寝やすくしたり、スツールとして使ったり、
さらにソファでのくつろぎスタイルが幅広くなりました。

144-4445_IMG

P1000328

贅沢なくつろぎを体感できるL字型スタイルのSBソファ。
お部屋と生活スタイルに合わせたくつろぎをご提案します!

DSC03424

家具紹介 ~ソファ『CITY/C-126・127 sofa』~

ROCKSTONE『CITY/C-126・127 sofa』

DSC03424

■ スタッフのおすすめポイント

北欧ヴィンテージのような味のある雰囲気の木枠ソファです。
ウォールナット材とキャメル色の革の組み合わせも味があります。
使い込むほどにますます魅力的な表情に成長してくれることでしょう。

DSC03414


■ どんな人におすすめのソファ?

リビングは勿論ですが、コンパクトサイズなので書斎や寝室にもおすすめです。
一人掛タイプとオットマンを組み合わせ、自分の特等席を作ってみませんか?

_X2_0126


■ デザインのポイントは?

直線と曲線を組み合わせた、洗練された木枠デザインです。
全体的にスリムなので、ラインの美しさがより助長されています。
お部屋にレイアウトしたときも圧迫感を感じさせません。

そして、後姿も抜かりなくきれいな見栄えになっています。

DSC_6109DSC03465


■ カラーバリエーションは?

木部/ウォールナット材
張地/本革(一部合成皮革)(キャメル色)

C_126


■ 詳細サイズはこちら

3人掛ソファ W1820/D800/H760/SH400 ¥127,008
2人掛ソファ W1380/D800/H760/SH400 ¥101,736
1人掛ソファ W760/D800/H760/SH400   ¥60,847
オットマン   W600/D450/H400      ¥27,475
※価格は全て税込み表記

名称設定 1


■ 納入事例一覧はこちらからご覧いただけます↓

納入事例 リンクボタン

DSC_0074

納入事例~合わせやすい両肘ソファ「SB sofa 3」~

昨日に引き続き、ROCKSTONEの人気ソファ「SB sofa」の納入事例をご紹介致します。

SB ソファ カウチ L型 モダン ベッド ロックストーンSBバリエーション

定番のスタイルでもある「両肘ソファ」
SBのアームはスクエアなシャープなデザインなので、
両肘が付いているタイプはよりスタイリッシュな印象になります。

横幅は、一般的な190cm、広めの215cm、余裕のゆとりの240cmの3タイプ。
お住まいに合わせてサイズをお選びいただけます。

 

 

下写真はオフィスへの納品です。
付属のクッションに加え、同系色のアクセントクッションをコーディネートし、
モダンな雰囲気をより演出させています。

DSC_0074

DSC_0047

座面のクッションはしっかりめなので、
こういったオフィスやラウンジ等の場所にも向いています。

 

張地をベルベッドのような張地をセレクトし、高級感のあるSBソファに仕上がりました。
オットマンも組み合わせて頂いたので、足置きとして、スツールとして、
その時の生活シーンに応じて使い分けて頂ければと思います。

写真のようにソファにくっつけて置くとL字型ソファのように使えます。

DSC_1030

DSC_1022

両肘ソファタイプはシャープなシルエットが強調されるので、
モダンなインテリアを目指す方にもおすすめです。

P1010792

今回ご紹介させて頂いた納入事例のように、
一人掛けソファやオットマンと組み合わせたりしやすいのも魅力ですね。

DSCN6450

納入事例~片肘ソファをレイアウトする「SB sofa 2」~

サイズバリエーションが豊富なソファ
ROCKSTONE/SB sofa

SB ソファ カウチ L型 モダン ベッド ロックストーンSBバリエーション

それぞれのタイプにもサイズ展開があるので、
大きなソファが欲しい方にも、コンパクトなソファが欲しい方にもピッタリです。

 

片側だけにアームが付いている「片肘ソファ」を単品でレイアウトするのもオススメしています。

下写真のように、窓際にアーム側を合わせることで、
通路側からソファに座りやすく、見た目にも圧迫感が軽減される効果があります。

DSCN6450

DSCN6446

隣のダイニングスペースとのつながりもより感じられるようになります。

 

見た目の圧迫感を気にして片肘ソファを選ばれるほかに、
寝やすさも魅力のひとつです。
ソファに座りやすく、そのまま横になることができます。
カウチソファの寛ぎも得られるスタイルです!

DSCN6592DSCN6599

SBソファの座面はフラットなので、片肘ソファを単体でレイアウトしても違和感ありません。
一般的なソファの多くは座面が膨らんでいたり後方に向かって傾斜しているので、すこし違和感が出るものです。

生活スタイルやソファの使い方に応じて、肘無か、肘有か、片側のみにするか、
自由な発想で選んでいただけるのがSBソファの人気の所以です。