MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ ROCKSTONE

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 221 「日本的ソファの原点」

NIPPON MODERN幕傳のメインブランド「ROCK STONE」。

「ROCK STONE」と言えば1978年発表「KIZA SOFA」です。

当時は婚礼箪笥最盛期であり、ソファ?なんて言われていました

が今も作られ続けているロングセラー商品です。

 

PM091 KIZA ソファ ロックストーン

 

当時ソファと言えば応接間でお客様がお使いになられる物。

また、ダラッとした姿勢で寛ぐのではなくキチンとした姿勢

で座れる物。

このような意味合いのソファばかり、しかも海外の「洋文化」

の物と海外から真似た物ばかりなので豪華絢爛。

 

そんな時代、今から38年前にデビューしました。

 

コンセプトは、日本の住空間の一般的な天井高240cmに対して

美しいバランスになるようデザイン。

海外は日本より天井が高いので、その空間に合うサイズバランス

で作られていたので日本の空間には合わない。

 

KIZA_09

 

また、床に座った場合にソファを背にしてもたれて使用しても、

ベストな高さバランスになるよう考えられています。

今では増えましたが、当時木枠丸出しのソファは無く、幅広の

アームは存在感があり、正面から見た姿はとても美しい。

アームはさらにはサイドテーブルとしても活用することができ、

デザイン性だけではない機能面も考慮された今でも新鮮なロング

セラーソファです。

 

自分の住まいにどんなのが似合うのか?

日本的暮らしのヒントが「ROCK STONE」には沢山あります。

ご理解いただけるまでお話しさせていただきますので是非お越

しください。

 

お気をつけて。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

dsc_2606

納入事例~寛げるダイニングを求めて~

大府市にダイニングセットのお届け。
柔らかい雰囲気が癒しを与え、ダイニングがくつろぎの空間となりました。

dsc_2584 

もともとダイニングはお使いで、買い替えたいという事で幕傳へご来店いただきました。
当初は椅子のみのご検討。また、幕傳だけでなく他の家具屋も巡られ、最高の1脚を探されておりました。

そんな中で気に入っていただいたのが今回お届けした椅子。
座り心地の良さと背当たり、幅広な座面も気に入っていただけたポイント。
奥様、旦那様それぞれお好みの椅子を選ばれあえて別々の椅子に。

dsc_2606

幕傳オリジナルの椅子だから選べる材種は11種類、布は1000種類以上と豊富なバリエーション
どのような色味にするのかは悩まれましたが、木部に関しては床やそのほかの家具と調和するようオーク材で。
布に関しては今までがグリーンだったため、今回はアクセントにブルーを。
爽やかな空間に爽やかな色が素敵に映える空間となりました。

dsc_2597

ダイニングテーブルは別のところで検討していらっしゃいましたが、
細やかなサイズオーダーができ、かつ材種も揃って天然木でという事で、高山ウッドワークスのテーブルに。

自然素材の良さが引き立ち、素敵な空間に仕上がりました。

これからも自然素材の心地良い空間でくつろげるダイニングスペースとなる事をねがっております。

DSC00589

幕傳 十二代目 今思うこと 220 「メインブランド・ ROCK STONE」

rockstone_logo1

1981年にデザイナー岩倉榮利が自身のデザインによる

オリジナルファニチャーブランドとして設立し、35周年

を迎えたモダンファニチャーブランド。

 

DSC09135-thumb-700x466-7767

 

現在、日本人家具デザイナーとして自身のブランドを持っ

ているのは岩倉榮利しかいません。

建築・空間を知り尽くし尚且つ海外ブランドにない日本的

発想からのデザイン。

いつの時代においてもデザインは新鮮で35年前、20年前の

商品には全く見えません。

そして、今も廃番商品はなく作られ続けられているのは多く

のファンに支持され愛されているからです。

それは飽きないデザイン、言い方かえると上質で、美しく、

安心して使えるデザインの家具。

それが「ROCK STONE」です。

 

私は、海外ブランドが嫌いではありませんが、海外ブランド

より日本人の考えから生まれた家具が好きです。

 

この大好きな「ROCK STONE」をNIPPON MODERN幕傳

は5階建すべてのフロアに展示しています。

 

初めて見るけどどことなく懐かしさを感じると店頭にてお客様

から言われます。

多分、今まで何処かで「ROCK STONE」に触れていた、見られ

ていたと思います。

心地よく、安心して暮らしがしたい方には是非見て欲しい、触っ

て欲しい。

 

お待ちしています。

 

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田憲生

 

 

 

 

 

 

 

dsc01083-1-e1469407782851

スタッフブログ~お部屋にアクセントカラーを~

お部屋にアクセントカラーを入れる時、カーテン、ソファ、ラグ、クッションといろいろなアイテムで

取り入れることができますが、椅子の張地でアクセントカラーを入れられる方も非常に多いです。

 

dsc_0621
床と同系のチェリー色の家具にイエローの張地。
イエローは気持ちを和らげ、楽しい気持ちにさせてくれます。

 

dsc_0754
明るい空間にブルーとピンクの張地を2脚づつ。
とても爽やかな雰囲気です。

 

dsc_5276

子供のワークコーナーにブルー、ブラック、ピンク。
それぞれ自分の好きなカラーを取り入れました。

 

dsc_2482

パープル系のグラデーション。1脚づつ微妙にカラーが違います。
とてもエレガントな雰囲気を醸し出しています。

 

椅子の張地を変えるだけでお部屋の雰囲気はかなり変わります。

幕傳では椅子の販売だけでなく、張替え修理もお受けしておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

 

店長 牧田

dsc_0952

納入事例〜経年変化が楽しみな無垢家具〜

新築一戸建てへダイニングセットのお届け。

お引越しの半年以上前からご来店いただき、じっくりと選んでいただきました。

dsc_0959

床材に合わせてテーブル、チェアともに木部の材質はナラ材で統一。

強度が高く、生命力を感じる木肌が印象的です。

dsc_0956

テーブルは高山ウッドワークスの「オーダーテーブル」

チェアは宮崎椅子製作所の人気NO.1「pepe」と「uu」を二脚づつ選ばれました。

シンプルなテーブルが椅子のデザインを引き立てています。

dsc_0965

dsc_0962

 

深いブルーの張地が心を落ち着かせてくれそうです。

年月とともに、黄味を帯びた明るい色から飴色に変化していくナラ材の経年変化が楽しみです。

どんどん使い込んで、素敵なヴィンテージ家具に育てていって欲しいと思います。

 

 

 

dsc_3337

納入事例~和モダンな空間に似合うソファ~

ご新築後、住まい似合うソファをお探しだったお客様。
多くの家具店を巡り、なかなか「これだっ!」と思うソファに出会わなかったお客様が選んだソファがこちら。

dsc_3342

もともとは、違うソファを求めて幕傳へご来店いただいておりましたが…
このソファの座り心地と後姿のデザインの格好良さを気に入られました。

dsc_3337

肘掛けの杢目の美しさと触り心地も決め手になったそうです。

dsc_3347

木枠はウォールナット材を、張地には黒の本革をセレクトしました。
黒革を張ることでぐっと空間が締まり、よりシックな空間を作り上げています。

長時間座るソファ。
決め手はお客様によって様々ですが、是非参考にしてみて下さいね。

dsc_0074%20-%20%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

スタッフブログ~円形テーブルの魅力~

ダイニングテーブルを選ぶ時に形に迷うことがあると思います。

長方形にするか、円形にするか・・・

「円形にしたいけど場所を取りそうだし無難に長方形にしとこうか・・・」

店頭で良く耳にする会話です。

そこで本日は円形テーブルの魅力を少しお伝えしようと思います。

dsc_6765

円形テーブルは角が無いので、置く場所を選びません。
さらに、角がない事でスペースに余裕ができるため、部屋を広く見せる効果もあります。

dsc_7317%20-%20%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

丸は見た目も柔らかく、優しい印象になります。
そして、四角いものが多くなりがちな部屋において、アクセントにもなる存在感があります。

dsc_1329%20-%20%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

dsc_0074%20-%20%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

最後に、何といっても最大の魅力は四角のテーブルに比べ、隣の人の顔を見て話しがしやすくなります。
家族の会話も弾むことでしょう。

是非、店頭で円形テーブルをご家族で囲んでみてください!

 

店長 牧田

dsc_2344

スタッフブログ~家具から始めるリフォーム③~

暮らし始めて十数年…
子供も成長し、暮らしぶりが変化してきている今日この頃。
そろそろ、今の生活合わせてリフォームでも考えようか…

そんなことを感じていらっしゃる方はいませんか?

でも、リフォームとなるととても大変ですよね。
お金もかかるし、リフォーム中の住まいも考えたりと、様々なことを検討しなければなりません。

ですからまずは、『家具から始めるリフォーム』をしてみませんか?

リフォームとは建物を変えることだけではないのです。
家具を買い替えるだけで、買い足すだけで、家の雰囲気は一変します。
それなら、リフォームにかかる金額も大幅に削減できますよね。

今回ご紹介するのは、「家具を買い足してリフォームする」実例。

dsc_2321

よくある3人掛けのソファとセンターテーブルの空間。
そこに、1人掛けのソファを足してみると…

dsc_2344

シンプルだった空間に、華やかさが生まれました。
ピンクのクッションをアクセントにしていたかわいらしい雰囲気のソファの印象が…
存在感のある柄物のシックなソファを加えるだけで
誰にもまねできない、ハイセンスなモダン空間へと大変身!!

こんなにも、家具を買い足すだけで空間は変化するのです。
是非、皆さんも家具から始めるリフォームをお試しください。

幕傳では、家具から始めるリフォームのご相談を随時受け付けております。
お気軽にご来店くださいませ。

販売スタッフ 春田

dsc_3954

納入事例~ソファが中心のモダン空間~

ご新築に合わせてソファの納入事例です。

dsc_3951

お選びいただいたのはROCKSTONEのKIZAソファ。

元祖木枠ソファで、日本で一番古い歴史を持つソファ。

スクエアな木枠にシワ感のある少々ルーズな革のクッションが、モダンさを強調しています。

ソファが壁のアクセント色を惹き立てつつ、空間全体を調和してくれています。

dsc_3956

ソファを決めるには、家族それぞれの意向がマッチすることが大切ですが、時によって意見が合わないこともしばしば…。

今回のお客様も当初はご要望がご夫婦同氏異なっていました。

ご主人様はゆったりと座れるソファを
奥様は背をしっかりと支えてくれるソファと半ば相反するお好みでした。

幕傳を知る前は、お互いの譲れる範囲で多少妥協して候補に挙げているソファがあったそうです。
その後、MAKUDENのホームページで「KIZA GRAND」の見た目を気に入られたK様ご夫婦は
「お店は近いし折角だから座ってみようか」とご来店下さいました。

いざ座ってみるとご夫婦共に座り心地のお好みにぴったりでした。
ご夫婦のご要望に応え、お掃除もしやすいソファという
「全ての条件を満たすソファはこれまでなかった」と大変お気に入りいただけ、お届けさせていただいたのです。

 

こうして、中々たどり着けなかった家具探しも幕傳でお客様のご要望にお応えしながらご提案していきます。是非お気軽にご来店くださいませ。

dsc_9126

納入事例~心落ち着く空間~

道路に面した大きな窓からたくさんの光が差し込む空間。

豊田市の会社様への納品事例です。

dsc_9108

お客様との打ち合わせ用のテーブルセットをお探しでした。

落ち着いて話が出来るようにとテーブルは少し低めの「C-38テーブル」を選ばれました。

dsc_9105

高さ68cmになっていて、一般的な高さより2、3cmほど低いだけで空間も広く見えます。

合わせた椅子は「205チェア」

dsc_9111

座面幅が広くゆったりとしているので、安心感があります。

安心感があるのでお客様との会話も弾みそうです。

天井、壁ともに白を基調としているので、椅子の張地でアクセントを入れられました。

dsc_9126

人を元気にさせてくれるオレンジと見る人に安心感を与えるグリーン。

心落ち着くとても心地良い空間になりました。