MAKUDEN

facebook

instagram

STAFF BLOG

TOP > スタッフブログ > ■ ROCKSTONE

高山ウッドワークス-納入事例

天然木の温かみが心地良い、高山ウッドワークスのダイニングセットを納品させて頂きました。

DSCN2480.JPGウィンザーチェアのリデザインであるこちらのチェア、SC3KはMAKUDENでもロングセラーの人気商品です。

板座にお尻の形に沿うような凹凸が施してあり、板座にも関わらず長時間座っていられる心地良さを実現しています。また、非常に軽量で扱いやすいです。

また、同シリーズのベンチは座面がV字に窪んでいるので、ベンチでも居心地が良いです。

 

DSCN2484.JPGDSCN2487.JPG明るい内装に天然木の風合いがよく馴染み、お食事の後も長居してしまいそうですね。

 

DSCN2488.JPGダイニングテーブルはタモ無垢材を贅沢に使用し、存在感のある4cmの厚みと、3枚剥ぎの美しい木目が目を惹きます。

天然の木の造形を活かした耳付きの天板は1枚1枚何れも形が違い、天然木ならではの味わい深い表情を感じていただけます。

また、サイズも幅・奥行。高さを1cm単位でオーダーすることも可能です。

 

樹齢200~300年のタモ材を使用しており、100年使える一生物のテーブルです。

50年後、100年後はどんな表情になっているのでしょうか?日々使い込んでメンテナンスもしながら愛着を持って家具と暮らし、ご自分だけの思い出がつまった特別なアンティークにしていっていただければ幸いです。

ナラ無垢材の家具 納入事例

明るく優しい雰囲気のダイニングにナラ無垢材の家具を納品させて頂きました。

DSCN1379.JPG

 

DSCN1378.JPG高山ウッドワークスのダイニングセットを選んで頂きました。

板座でも長時間座っているられる心地良い座り心地と、天然木の優しい質感が末永く愛着を持ってお使い頂ける、MAKUDENでもロングセラーの商品です。

肘付と肘無しを組合わせ、デザインのアクセントとしてだけでなく、用途によって使い分けできるようにしています。

チェアの背は縦格子になっているので後姿もきれいです。ダイニングチェアのデザインは後姿が重要です。正面よりも後姿の方が目に映る機会が断然多いので、選ぶ時は後姿も眺めてみてください。ロングセラー商品は何れも後姿が美しいのです。

 

 

 

リビングには宮崎椅子製作所のpepe sofaを納品させて頂きました。

DSCN1380.JPG木枠の優しいフォルムが置いてあるだけでどこかほっとさせてくれるような存在感です。奥行も深すぎず、きちんと座っても楽にいられます。

宮崎椅子製作所のベストセラーのpepe chairのソファタイプです。

肌触り丸い木枠がほっとさせてくれる雰囲気です。写真には写っていませんが後姿がチェア同様に縦の格子が美しく、見栄えの良いソファです。LDの間仕切りとして設置しても違和感ありません。

 

全体的に北欧家具のような優しく、居心地良い雰囲気にのLDになりました!

使込むほどにナラ材は味のある深い色と風合いを増していくので、これからの家具の成長がとても楽しみです。

ダイニングフェア-高山ウッドワークス

只今開催中の「ダイニングフェア」。

 

その中でもMAKUDENのロングセラーでもある「高山ウッドワークス」のダイニングチェアをご紹介します。

高山ウッドワークスはデザイナー岩倉榮利と飛騨高山の熟練の木工職人とのコラボレーションによって誕生しました。日本人にとって「和」を見直せる空間を提供し、現在の生活様式に合わせた高山ウッドワークスならではのスタイルを作り出しています。

 

高山ウッドワークスのチェアは何れも座り心地よく、軽量で扱いやすいです。無垢に拘り、触れているだけでもどこか温かみを感じられ、ほっとさせてくれる存在になってくれます。

 

W552_B01[1].jpg

 W552

 

2000年デザイン。背が肩の高さまであり、座面がお尻の形に作ってあるので体にフィットし、木のチェアとしては長時間座っていても痛くなりにくいです。

 

 

 

W552-1.jpgW552-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SC4K_B01[1].jpgSC4K

 

W552のコンパクトタイプ。ウォールナットとナラの2トーンカラーが美しく、木の温もりを存分に味わうことができます。

 

 

 

SC4K-1.JPGSC4K-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SC3K_B01[1].jpgSC3K

 

1999年デザイン。ハーフアームなので、出入りもしやすく、斜め座りにも適してます。MAKUDEN人気ナンバー1のチェアです。

 

 

 

SC3K-1.JPGSC3K-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

W532_B01[1].jpgW522

 

幅広の座面と絶妙な背もたれの当たりがゆったりとした座り心地を実現しています。幅広でありながらも軽量です。和モダンなインテリアに。

 

 

 

tww-1.JPGtww-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じデザイナーによってデザインされたチェアで、材質も同じなので、同じチェア同士だけでなく、あえて違うデザインのチェアを合わせて頂くのもオススメです。

お酒を飲みながらゆっくりと時間を過ごす時はアームチェアに、手軽に朝食を済ますだけの時はアームレスチェアにと、用途によって使い分けることもできます。

mix-1.JPGmix-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ウォールナット材とナラ材と2トーン以外にもオールナラ材もご用意できます。2トーンとは違い、よりナチュラルで優しい雰囲気になります。

oak-1.JPGoak-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高山ウッドワークスのチェアは老若男女問わずに座りやすく、長時間座っていても心地よいチェアばかりです。

※高山ウッドワークスの商品の詳細は下記のURLをご覧下さい。 

http://www.makuden.jp/contents/pickup/kurahaus.php

 

また、高山の工場でハンドメイドされているので、アフターメンテナンスも安心です。

使えば使いこむ程に無垢材が味のある色味を増し、きれいな艶が出てきます。新品よりも5年後、5年後よりも10年後が美しいのです。

ご家族とともに年月を重ねて高山ウッドワークスの家具と暮らして頂けると嬉しいです。

それぞれ座り比べて頂いて、自分にぴったりのMYチェアを見つけて下さい。

高山ウッドワークスのダイニングセット

職人によって丹精込めて作り上げられた「高山ウッドワークス」のダイニングセット。

 

P1020941.JPG

 

 

P1020953.JPGW210の広々としたダイニングテーブルは天然の耳付き仕様になっており、天然木ならではの風合いを存分に感じられるようになっています。

天然オイル仕上げで滑らかな手触りも心地よく、傷やシミもご自身でお手入れすることができるのも魅力のひとつです。

ウォールナット材の木目も非常に美しく、使いこむほどに更に深く味のある独特の色合いを楽しんで頂けます!

 5年後、10年後のテーブルがどんな表情になっているか今から楽しみです!

 

 

 

P1020951.JPG

 

片側をベンチにすることによって見た目に圧迫感がなく、お子さん達と並んでお食事もでき、家族でゆったりとした時間を過ごす事ができそうですね!

 

 

リビングには温かく優しい雰囲気のじゅうたんを合わせて頂きました。

 

P1020948.JPG

 

 

末永く愛着を持って高山ウッドワークスの家具と共に暮らして頂ければ嬉しいです!

 

岩倉榮利 楽風庵

デザイナー岩倉榮利が考える「アジアの中の日本」を表現されて作られた「楽風庵」。

ヨーロッパ的なデザインの中に日本的要素が感じられるデザイン性で、国際見本市で金賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ています。

 

rafuan1.jpgW230のダイニングテーブルは高さを67cmと標準のテーブルより3~5cm程度低く設定され、ゆったりとした贅沢なくつろぎを感じられるようになっています。

ダイニングで長く時間を過ごすときは、少し低めの方が足を投げ出したりすることが出来るので、ソファに座っているような感覚で使うことが出来ます。

お酒を楽しんだり、家族でおしゃべりしながらお茶をしたり、落ち着いた時間を過ごしていただけます。

 

rafuan2.jpgウォールナットの木の質感を楽しむことが出来、尚且つシャープで重厚な佇まいがモダンな印象を醸し出してくれます。そして、岩倉榮利が考える「アジアの中の日本」をどこか感じられ、モダン過ぎないミニマルなデザインが飽きずに家の中で活躍してくれることと思います。

天板厚は5.5cmと迫力があります。 こちらのお住まいのように広いダイニングにの中でも存在感を十分に放っています。

 

家族やご友人達と集まって大人がくつろぐことが出来るダイニング空間になりました。

 

 

高山ウッドワークス納入事例

MAKUDENでもロングセラーの「高山ウッドワークス」のダイニングテーブルとチェア。

使込むほどに味のあるウォールナットの風合いを感じられることと、職人によって丹精込めて作り上げられたハイクオリティさが人気の理由です。

 

woodworksdinig.JPG

 

デザイナー岩倉榮利と飛騨高山木工メーカーの職人とコラボレーションによって誕生した「高山ウッドワークス」は、熟練の職人と若い職人達が技術継承をしながら高品質な木工家具をハンドメイドで作り上げています。

木材の乾燥・木取りから自社で製造し、商品1つ1つにシリアルナンバーを付けて品質管理をしています。

 

woodworksdining2.JPG座面の幅は広く、男性がどっしりと座れるようなサイズ感です。

お食事後にもダイニングに座ってのんびりと時間を過ごす事が出来るようになっています。

ウォールナット無垢材の天然オイル仕上げの天板の滑らかな手触りを感じながら、どこかほっとするような気持ちでくつろいで頂けると思います!

天板の端の曲線は天然の耳です。1枚1枚異なる形になっていて、木目も勿論全て異なり、自分だけのテーブルに愛着を持って使えそうですね!

 

 

 

W521.jpgウォールナット材とオーク材のコンビネーションも美しく、こちらのダイニングチェアは布テープで編み込んだ座面にも出来ます。 張地を変えるだけでも大きく印象は変わります。

10年20年経った後に、座面の張替えなども勿論可能です。

木工メーカーさんが作る家具は、メンテナンスしながらも末永く使うことが出来ることが最大の魅力だと思います。そして、確実に新品よりも数年経た木の方がかっこいいですので、長く使って頂きたいと思っています!

 

ご自身で作るアンティーク、ビンテージは非常に愛着が湧きます。

高山ウッドワークスの家具は他にもまだまだ多数ありますので、是非一度ご覧頂ければと思います!

 

 

高山ウッドワークスのチェア

MAKUDENでロングセラーの「高山ウッドワークス」の家具。

その中でも人気の高いチェアはどれも座り心地が良く、軽量で扱いやすく、天然木の温もり感たっぷりです。

 

DSCN0091.jpgどこか懐かしさを感じる、使っているとほっとする、そんな存在です。

デザインは高山家具といっても民芸調でもなく、モダンさもあり、新築マンション等のスタイリッシュな内装でも合わせやすくなっています。

ウォールナット材とオーク材のコンビネーションが少し個性的な印象を持たせてくれます。

天然オイル仕上げの、木本来の滑らかな手触りを存分に感じていただけるはずです。

 

P1010445.JPGデザインも各種あります。

写真上は写真左のチェアをコンパクトにしたデザインです。体格や身長によって、どちらのチェアの方が座りやすいかどうかはご家族それぞれに違うことが多々あります。

じっくりゆっくり座っていただいて、どれが1番しっくりくるかどうか確かめていただくことをお勧めしています。

 

 

 

 

P1010285.JPGP1010163.JPG

 

ウォールナット材とオーク材の2トーン以外にも、オーク材のみでも作ることが出来ます。

より優しい雰囲気を醸し出すことが出来ます。北欧やナチュラルなインテリアがお好きな方にお勧めです。

 

高山ウッドワークスのチェアは、メンテナンスしながら末永く使っていただくものです。

ゆったりとした気持ちで、お気に入りの1脚を見つけて頂けたら幸いです。 

大人がくつろげるLD

広々としたモダンなインテリアに合うよう、シンプルでシックなデザインの家具をコーディネートさせて頂きました。

P1020147.JPG

 

 

 

P1020145.JPG

意匠性のあるテーブル脚はどの方向から見ても見栄えします。

W2300の大きなテーブルに、ゆったりとしたアームチェアを3脚ずつならべています。

ウォールナットの床にウォールナットのテーブル、そこにブラックレザーのチェアを合わせ、シックなカラーリングでまとめた事で大人がくつろげるダイニング空間になりました。 

日当たりの良いダイニングで素敵な時間を過ごす事が出来そうですね。

 

 

 

 

 

 

P1020149.JPG

岩倉榮利デザインのゆったり大人数で座れるカウチソファ。

座面にはポケットコイル内蔵で座り心地だけでなく寝心地にも優れたソファです。

上であぐらをかいて座っても、寝転がっても、ちゃんと座るのも、色々な座り方でくつろぐことが出来ます。

サイズバリエーション豊富なので間取りに応じてコンビネーションを選んでいただくことも出来るMAKUDENでもロングセラーのソファです。

 

大人が落ち着いた時間をゆっくりと過ごせそうなLDですね。

67 / 67« 先頭...102030...6364656667